上場企業、貿易摩擦の強まりで「マイナスの影響」46% QUICK短観

QUICKが17日まとめた4月の短期経済観測調査(QUICK短観)によると、世界的な貿易摩擦が強まることで2018年度の業績に「マイナスの影響を受ける」と答えた上場企業の割合が46%に上った。

4月のQUICK短観は384社の上場企業が回答。うち317社が貿易摩擦の強まりによる業績への影響に関する特別質問に回答した。調査期間は4月3日~12日。

「影響は受けない」との回答が53%(168社)と最も多かったが、「マイナスの影響」と答えた企業も147社あった。回答した317社のうち、輸出企業が多い大規模企業の製造業(103社)に限ってみると、「マイナスの影響を受ける」が61社と約6割を占めた。

回答企業の中には、「直接的な影響は軽微だが、保護主義の拡大が世界貿易を縮小させ、世界経済が失速することを懸念している」と、世界経済への悪影響を心配する声があった。

製造業DI、3カ月連続の悪化でプラス29 11カ月ぶりの低水準

毎月定点調査している製造業の業況判断指数(DI)は前月調査から6ポイント悪化のプラス29で、3カ月連続で悪化した。昨年5月以来11カ月ぶりの低水準。今後3カ月の間に景況感がどのように変化するかを聞いた「先行き」はプラス33と、前月から4ポイント悪化した。非製造業DIは前月比1ポイント悪化のプラス39、金融を含む全産業DIは前月比2ポイント悪化のプラス36となった。

※QUICK端末では、QUICK短観の業況判断DI、自社株判断DI、円相場判断DIなど各種ヒストリカルデータをダウンロードできます。

関連記事

  1. 中国減速、製造業の警戒強く 非製造「影響ない」8割 2月のQUICK短観

  2. 貿易摩擦、日本企業は意外に冷静? 「経済停滞」心配だが…… 7月のQUICK短観

  3. ザラ場の決算発表「トヨタ流」広がらず 上場企業の7割が消極的、QUICK短観6月

  4. 企業の景況感、悪化にひとまず歯止め 3月QUICK短観、円高警戒も後退 

  5. ゴーンの衝撃、自然の猛威 企業が選んだ18年の重大ニュース QUICK短観

  6. 7割の企業が「NO」 裁量労働制、担当者はこう考える 11月QUICK短観

  7. 価格転嫁や軽減税率に気をもむ企業 消費増税まで1年、QUICK短観

  8. 採用日程、経団連ルール廃止後も当面は今まで通り QUICK短観、見直し派は少数

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP