米企業の決算が本格化、16日はネットフリックスなど 主要銘柄は米決算プレビューで確認

米主要企業の2018年1~3月期決算発表が金融セクターを皮切りに本格化した。QUICK FactSet Workstationの予想によると、主要500社の18年1~3月期の純利益は前年同期比18%程度の増益と引き続き好調なようだ。好業績が期待される銘柄には先回り買いが入りやすいため、QUICKでは主力銘柄を対象に決算の発表前に注目ポイントをまとめた「米決算プレビュー」を配信する予定だ。

今週(16~20日)は16日(日本時間17日朝7時)に動画配信大手ネットフリックスが決算を発表しFANGプラスの先陣を切る。好業績期待を受けて、同社の株価は足元で5日連続で上昇した。ゴールドマン・サックスが10日付のリポートで目標株価を315ドルから360ドルに引き上げるなど、ネットフリックスに対する強気見通しが増えていることが好感された。

【16~20日の米主要企業の決算発表スケジュール】

【ネットフリックスの株価推移】

4月下旬からはIT大手の決算発表が相次ぐ。個人情報流出問題に揺れるフェイスブックや主力セダンをリコール(回収・無償修理)したテスラ、米郵政公社を不当に安い料金で利用しているとトランプ大統領に「口撃」されているアマゾン・ドット・コムなどに市場の関心が集まりそうだ。法人減税の影響にも注視したい。

QUICKではFANGプラスの銘柄を中心に業績予想やポイントをまとめた「米決算プレビュー」のニュースを配信する。原則、決算発表日(現地時間)の2営業日前にQUICKのオプションサービスである「QUICKエクイティコメント」に配信する予定。

【FANGプラス(青)とダウ工業株30種平均(赤)の株価推移】

※FANGプラスとは
米国のフェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルの親会社にあたるアルファベット、アップル、エヌビディア、テスラ、ツイッター、中国ネット通販のアリババ集団、中国検索エンジンのバイドゥをまとめて示す呼称。

<米決算プレビュー対象銘柄>

発表日(現地時間) 銘柄名
▼4月
23日 アルファベットC(グーグル)
24日 キャタピラー   
25日 フェイスブック
26日 マイクロソフト  
▼5月
1日 アップル
2日 スクエア
8日 ディズニー
▼未定(4月16日時点)
アマゾン 、アリババ、AMD、エヌビディア 、テスラ 

 

関連記事

  1. スクエア、成長性への懐疑を晴らす時 株価トレンド転換点【米決算プレビュー】

  2. 「混乱、残念」エヌビディア、出口は見えるか 【米決算プレビュー:11~1月期】

  3. アルファベットのクラウド事業、晴れのち「?」【米決算プレビュー:10~12月期】

  4. アマゾンの巨体、「ポスト小売業」へ脱皮中【米決算プレビュー:10~12月期】

  5. マイクロソフト、好調クラウドに曇りなし【米決算プレビュー:10~12月期】

  6. 先行き懸念を払拭できるか、アリババと14億人の消費市場 【米決算プレビュー:10~12月】

  7. ビザ、個人消費と世界景気を占う試金石【米決算プレビュー:10~12月期】

  8. アク抜け遠いフェイスブック、市場が探すきっかけ【米決算プレビュー:10~12月期】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP