RPA(6572)の初値1万4280円、公開価格の4倍 事務作業の自動化ツールを提供

RPAホールディングス(RPA、6572)の初値は、公募・売り出し(公開)価格の3570円に対して4倍の1万4280円だった。2月に新規上場したMマート(4380)とジェイテックコーポレーション(JTECCORP、3446)に次ぐ上昇率だ。RPAは27日に東証マザーズに新規上場したが、買い注文が集まり取引が成立しなかった。

RPAは純粋持株会社で傘下の連結子会社5社で構成される。売上高が拡大しているロボットアウトソーシング事業は、人工知能などの技術を活用して人事や経理財務、営業事務などの分野で人に代わって作業をするRPA(Robotic Process Automation)に関するツールの企画から開発、導入支援などのサービスを提供。RPAソフト「BizRobo!」などを開発する。近年はソフトバンクやビジネスブレイン太田昭和(9658)などと業務提携し、RPAを活用した新規事業の創造にも努める。髙橋知道社長はソフトバンク(現ソフトバンクグループ・9984)出身だ。

2018年2月期は連結売上高が前期比52%増の40億円、営業利益が2.4倍の4億800万円、純利益が73%増の2億6900万円となったようだ。

きょう28日に同じく東証マザーズに新規上場したアジャイル(6573)は買い注文が膨らみ、午前は取引が成立しなかった。前場の気配値は公開価格である3000円に対して1.7倍の5100円だった。同社はソーシャルメディア(SNS)などを活用して企業のマーケティングを支援するサービスを手掛ける。強みはオンラインからオフラインまで一貫してサービスを提供できることだ。18年12月期の単独売上高は前期比35%増の9億9000万円、営業利益は90%増の1億2600万円、税引き利益は53%増の9700万円を計画している。
 

※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

 

関連記事

  1. アジャイル(6573)の初値1万5470円、公開価格の5倍 今年IPO銘柄で最大の上昇率

  2. エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

  3. ソフトバンク(9984)の4~12月期、営業益24%増 米スプリントが業績改善

  4. 日本株ETF(EWJ)に今年最高の資金流入、ドル安でも日本株高をサポート?

  5. アズ企画(3490)の初値4705円、公開価格の2.2倍 不動産の販売や賃貸などを展開

  6. QBネットHD(6571)の初値は公開価格割れ、ファイバーGT(9450)は買い優勢で取引成立せず

  7. 信和(3447)が新規上場、初値は公開価格下回る 

  8. 共和コーポ(6570)の初値2511円、公開価格58%上回る

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP