東証、HEROZ(4382)の上場承認 来週はQBネット(6571)など5社が上場

東京証券取引所は15日、HEROZ(ヒーローズ・4382、東京都港区)の株式上場を承認した。同社は人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画から開発、運営を手掛ける。

2018年4月期の税引き利益は2倍超を見込む。上場予定日は4月20日で仮条件決定日が4月4日、ブックビルディング期間は5~11日。公募は新株発行が4万5500、自己株処分12万6700株、オーバーアロットメントによる売り出し上限が2万5800株となる。引き受け証券はSMBC日興、マネックス、みずほ、大和、三菱UFJモルガン・スタンレー、SBI、いちよし、岩井コスモ、エース、岡三、極東。

3月は新規株式公開(IPO)のラッシュとなっている。来週(3月19~23日)は5社の上場が控える。

注目は23日上場のキュービーネットホールディングス(6571)だ。同社はヘアカット専門店「QBハウス」を運営しており知名度が高いが、市場では「株式市場からの吸収金額が大きいため、値上がりは限定的になりそう」という声も聞かれる。公開価格の2250円から算出した資金吸収額は253億円だ。

また、公募増資による資金調達はなく、投資会社のインテグラルと同社グループの運用ファンドが株式を売り出すため、ファンドのエグジット的な要素が強い。売り出しのみの場合は株式市場での人気があまり高まらないケースが比較的多いことも初値形成に影響するかもしれない。

【3月のIPOカレンダー】

※QUICKではIPO銘柄の上場までのスケジュールや初値予想、新規上場後の初値倍率ランキングなど、IPOに関する情報をまとめた「IPOワールド」をナレッジ特設サイトで公開しています。ナレッジ特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

関連記事

  1. アジャイル(6573)の初値1万5470円、公開価格の5倍 今年IPO銘柄で最大の上昇率

  2. アズ企画(3490)の初値4705円、公開価格の2.2倍 不動産の販売や賃貸などを展開

  3. RPA(6572)の初値1万4280円、公開価格の4倍 事務作業の自動化ツールを提供

  4. QBネットHD(6571)の初値は公開価格割れ、ファイバーGT(9450)は買い優勢で取引成立せず

  5. 信和(3447)が新規上場、初値は公開価格下回る 

  6. 共和コーポ(6570)の初値2511円、公開価格58%上回る

  7. フェイス(3489)の初値3200円、公開価格の2.3倍 投資用マンションの企画・開発

  8. 日総工産(6569)の初値4020円、公開価格を24%上回る 製造業向け人材派遣

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP