川崎化(4117)が33%高 富士P・S(1848)が21%安 7日の夜間PTS

8日の株式市場で、川崎化(4117)やカワサキ(3045)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で8日の基準値を大きく上回る水準で約定した。川崎化の約定価格は基準値に比べ33.33%高、カワサキは同23.17%高だった。また、主要銘柄ではSUMCO(3436)が基準値を3.59%上回る水準で約定した。

<夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄>

富士P・S(1848)やアピクヤマダ(6300)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で8日の基準値を大きく下回る水準で約定した。富士P・Sの約定価格は基準値に比べ21.26%安、アピクヤマダは同16.07%安だった。

<夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄>

※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

関連記事

  1. イメージINF(3803)は14%高 ヤフー(4689)は1%安 26日の夜間PTS

  2. SUMCO(3436)は2%高 新日鉄住(5401)は4%安 25日の夜間PTS

  3. SUMCO(3436)は2%高 住友化(4005)は17%安 18日の夜間PTS

  4. SUMCO(3436)が4%高、東電力HD(9501)は11%安 7日の夜間PTS

  5. ソフトバンクG(9984)が2%高、ワイヤレスG(9419)が24%安  13日の夜間PTS

  6. 富士P・S(1848)は12%高 神島化(4026)は12%安 12日の夜間PTS

  7. スズキ(7269)は7%高 昭電工(4004)は5%安 14日の夜間PTS

  8. 荏原(6361)は6%高 Jトラスト(8508)は18%安 13日の夜間PTS

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP