1月のユニクロ売上高、5カ月ぶりマイナス 月次業況

ファーストリテイリング(9983)が2日発表したカジュアル衣料品店「ユニクロ」の1月の国内既存店売上高は、前年同月に比べ2.4%減った。前年同月比マイナスは2017年8月以来5カ月ぶり。

記録的な寒さだったため防寒衣料で好調な商品があったが、全般に冬物商品の在庫が少なかったことが響いたという。客単価は2.6%上昇したが、客数は5.0%減った。客数の減少も17年8月以来となる。全店の売上高は2.3%減だった。

QUICK端末のナレッジサイト「月次業況」では、企業が開示している各種月次データを一覧できる。「業態別」タブでは、同業の複数の企業の月次業況をチャート上に表示することも可能だ。

関連記事

  1. ファーストリテイリング(9983)が3.5%高、エディア(3935)は19%安 12日の夜間PTS

  2. アパレル株に春が来た 2月の売り上げ、春物好調で増加【月次業況】

  3. しまむら(8227)の1月既存店、「苦戦」 「伸び悩み」との声【月次業況】

  4. ニトリ(9843)の1月既存店、「善戦」 「好調」との見方【月次業況】

  5. 【決算スコア】ファストリ、通期見通し上方修正だが「ネガティブ」評価

  6. エクストリーム(6033)は22%高、安川電(6506)は4%安 16日の夜間PTS

  7. エクストリーム(6033)は16%高 昭電工(4004)は3%安 15日の夜間PTS

  8. MRT(6034)が21%高、RVH(6786)が18%安 14日の夜間PTS

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP