国内機関投資家、日本株に強気 1月のQUICK投資家心理指数上昇、16年12月以来の水準に

2018年1月のQUICK投資家心理指数は76.92と、前月の70.52から上昇した。2016年12月(80.59)以来、1年1カ月ぶりの高水準となった。日経平均株価は大発会から3日続伸し、1000円超上昇。9日には2万3849円と約26年ぶりの高値をつけたこともあり、投資家心理が強気に傾いた。また、4カ月連続で節目となる50を上回った。

QUICK投資家心理指数は、QUICKが実施している「QUICK月次調査<株式>」の中から、国内機関投資家が運用するファンドの国内株式組み入れ比率の状況のデータに基づいて算出・指数化したもので、50を上回れば国内機関投資家の投資姿勢が「強気」、下回れば「弱気」になっていることを示す。

18年1月の調査期間は1月9日~11日。

セクター別では「電機・精密」や「自動車」のオーバーウエートが増えた一方、「公益」や「医薬・食品」をアンダーウエートとする向きが増えた。国内株式担当者による1月末の日経平均の予想値は平均で2万3729円と、9日につけた高値には及ばないとの見方だ。 

関連記事

  1. 3月のQUICK投資家心理指数が急低下 「鉄鋼」アンダーウエート増加 米保護主義警戒か 

  2. 市場区分見直し基準は「時価総額に着目」7割 株式関係者、QUICK月次調査

  3. 2019年度見通し、株式「強気」が激減 QUICK月次調査

  4. 高値2万3160円で去年を超えられぬ?日経平均 専門家155人が月次調査で予想、リスクは米中

  5. 株式市場、下期業績に慎重な見方 QUICK月次調査で「下方修正が増加」36%

  6. 株式担当者、54%が国内株「強気」 「弱気」は13% QUICK月次調査<株式>

  7. 日本版「適温相場」持続の条件は個人マネー QUICK月次調査<株式>から

  8. 波乱の予感も与党勝利か アベノミクス継続なら株価上昇?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP