日本株ETF(EWJ)に今年最高の資金流入、ドル安でも日本株高をサポート?

18日の米国市場で、為替ヘッジなしの日本株ETF(上場投資信託)であるiシェアーズMSCIジャパン(EWJ)に大規模な資金が流入した。QUICK FactSet Workstationによると、4億7274万㌦(約530億円)の資金流入となり、1月26日に記録した今年最大の流入額(4億5431万㌦)を11カ月ぶりに更新した。

この日のEWJは1.20%高の60.62㌦で続伸。一時は60.695㌦まで上昇して2006年5月以来、11年7カ月ぶりの高値水準を回復した。為替市場で円高・ドル安基調が続く中、ドル建てで為替差益を受けるEWJに大規模な資金が流入したことは、ETFを通じた買い需要として日本株高をサポートしそう。EWJの組み入れ上位はトヨタ(7203)、三菱UFJ(8306)、ソフトバンクG(9984)、ホンダ(7267)、三井住友(8316)、ソニー(6758)、キーエンス(6861)、KDDI(9433)、ファナック(6954)、みずほ(8411)といった主力株となっている。

iシェアーズMSCIジャパンのファンドフロー(単位・百万㌦)

2017-12-18

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 女性取締役がいる上場企業、日本は2割 先進国で最低水準

  2. ソフトバンクG(9984)が2%高 ナ・デックス(7435)は10%安 11日の夜間PTS

  3. エヌビディア、ゲームやデータセンター向け好調で増益 【米決算プレビュー】

  4. 信越化(4063)が4%高、ソニー(6758)は7%安  27日の夜間PTS

  5. RPA(6572)の初値1万4280円、公開価格の4倍 事務作業の自動化ツールを提供

  6. エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

  7. ソフトバンク(9984)の4~12月期、営業益24%増 米スプリントが業績改善

  8. クリエイト(3024)が21%高、リンクバル(6046)が14%安 6日の夜間PTS

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP