レオス、「ひふみワールド」を10月8日に設定

QUICK資産運用研究所

レオス・キャピタルワークスは10日、日本を除く世界の株式で運用する「ひふみワールド」を10月8日に設定すると発表した。主に海外の株式に投資する。当初申込期間は9月26日~10月7日で、上限は100億円。直販のみで取り扱う。

レオスが現在運用している国内公募投資信託は、主に国内の株式で運用する3本。直販の「ひふみ投信」(9C31108A)と、ネット証券や地方銀行などを通じて販売する「ひふみプラス」(9C311125)、確定拠出年金向けの「ひふみ年金」(9C31116A)で、8月末時点の純資産総額の合計は7000億円を超える。

10月に新規設定する「ひふみワールド」は、海外の株式の中から成長性が高いと判断した銘柄を選んで投資する。実質信託報酬は年1.6280%(消費税10%を含む)で、「ひふみ投信」の1.0780%(同)を上回る。年決算回数は1回で、為替ヘッジはしない。信託金限度額は1兆円。

レオス・キャピタルワークスの公表資料はこちら

関連記事

  1. 投信の共通KPI、顧客の6割が含み益 「見える化」課題も多く

  2. レオスの「ひふみ」、資金流入が鈍化

  3. ひふみプラス、4月に100億円超の資金流出 設定後で最大に

  4. 「ひふみプラス」、残高で3位に浮上  「ゼウス」抜く

  5. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  6. レオス、含み益の顧客割合は45% 投信の共通KPI(92社一覧)

  7. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  8. 投信ブロガーが選ぶこの1本 2018年の1位は「eMAXIS Slim先進国株式」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP