円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

QUICK資産運用研究所

アセットマネジメントOneが昨年7月末に設定した「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018―07」(47212187)が13日に初めての決算を迎え、1万口あたり240円の分配金を出した。同ファンドは円建てで国内初となる「元本確保型」の投資信託。約10年後の満期時に円建てでの元本確保を目指す。決算回数は年1回で、分配金は運用成績に連動する「実績連動クーポン」から成功報酬などを差し引いて支払われる。

同ファンドは購入期間が限られる単位型のため、分配金はすべて普通分配金で課税対象となる。大和証券が1社で販売し、約300億円の資金を集めた。昨年9月に設定した第2弾以降は「プライムOne」シリーズとして月1回ペースで設定し、取り扱う販売会社も増えた。今年7月までに全部で12本設定しており、それぞれの申込期間中に集まった資金は合計で2882億円にのぼる。9月27日には第13弾が設定される予定だ。

関連記事

  1. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  2. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

  3. SBIアセットの「雪だるま(全世界株式)」、信託報酬を26日に引き下げ

  4. アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

  5. アセマネOne「未来の世界(先進国)」の残高が1000億円突破 設定から半年

  6. アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

  7. アセマネOne「通貨選択型Jリート」、全4コースで分配金減額

  8. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP