三井住友DS「日本株アルファ・カルテット」分配金を減額 過去最低の40円

QUICK資産運用研究所

三井住友DSアセットマネジメントが運用する「日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)」(79314144)は、5日の決算で1万口あたりの分配金を前月より20円安い40円に引き下げた。2014年4月の設定以降で、過去最低水準を更新した。

同ファンドの実質的な投資対象は日本株式。加えて、円売り・高金利通貨買いの為替取引、株式と通貨のカバードコール戦略を組み合わせている。カバードコール戦略では、国内の株価指数のコールオプションの売りと円に対する取引対象通貨のコールオプションの売りを行う。

現在の取引対象通貨はブラジルレアル。5日時点の基準価額(分配金支払い後)は1885円で、1年前と比べて38.6%下落した。三井住友DSアセットマネジメントは分配金を減額した理由について、「基準価額が下落傾向で推移したことや市況動向等を勘案した結果」とした。

◇三井住友DSアセットマネジメントの発表資料

第64期決算および分配金のお支払いについて

関連記事

  1. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  2. 「ダイワ米国リート(毎月)」分配金を30円に減額 過去最低に

  3. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  4. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  5. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  6. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  7. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  8. ニッセイAMの「ラッキー・カントリー」、分配金を100円に減額 過去最低と並ぶ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP