東京海上AMの「円奏会」、残高2位に浮上 「グロイン」に次ぐ

QUICK資産運用研究所

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で、東京海上アセットマネジメントが運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<愛称:円奏会>」(4931112B)が5日時点で純資産総額(残高)ランキングの2位と、同ファンドとして最高位に浮上した。7月末時点は4位だったが、資金流入が続き、4日に初のトップ3入り。わずか1日で2位まで順位を上げた。

一方、順位を下げたのは「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 」(3231203C)と「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)。外国為替市場で円高が進んだことが響き、どちらも基準価額が下落し、残高を減らした。

関連記事

  1. 「円奏会」 年1回型も好調、残高2000億円を突破 東京海上AM

  2. 東京海上AM「円奏会」、毎月と年1回決算型の合計残高が8000億円超

  3. 東京海上AM「円奏会」、残高が6000億円突破

  4. 日興アセット「イノベーティブ・フューチャー」、残高が2000億円突破 設定から2カ月半

  5. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  6. 日興アセット、資金流入額が3カ月連続の首位 8月の投信

  7. 日興アセット、残高増と資金流入額で2ヵ月連続の首位 7月

  8. りそなアセット「みつぼしフライト」第3弾、476億円を集める

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP