日興AM「グローバル3倍3分法(1年決算)」残高が1000億円超す

QUICK資産運用研究所

日興アセットマネジメントが運用する「グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)」(0231118A)の純資産総額(残高)が初めて1000億円を突破した。16日の残高は1007億円。2018年10月の設定から約9カ月で大台に乗せた。

同ファンドの投資対象は国内外の株式と不動産投資信託(REIT)、債券。それぞれ20%、13.3%、66.7%を基本的な資産配分とするが、日本の株式と国内外の債券部分に先物取引を使い、実際の投資額(純資産総額)の3倍相当を運用するのと同じ成果が得られる仕組みだ。

16日時点の基準価額は1万1701円。昨年末の株価下落時は9300円台で持ちこたえ、その後は堅調に推移している。設定当初はネット証券のみで販売していたが、運用実績などを背景に販売会社が増加。現在は大手証券や地方銀行でも取り扱う。今年上期(1~6月)の資金流入超過額は782億円にのぼり、残高が急拡大した。

同日に設定された隔月分配型(0231218A)は7月16日の残高が487億円。基準価額は1万1560円だった。今年3月の決算で初めて1万口あたり110円の分配金を出し、5月の決算でも同水準を維持した。

◇ファンドの詳細は日経電子版<「3倍3分法」で増やす分散投資(話題の投信)

関連記事

  1. 日興アセット、残高増と資金流入額で2ヵ月連続の首位 7月

  2. 「円奏会」 年1回型も好調、残高2000億円を突破 東京海上AM

  3. 東京海上AMの「円奏会」、残高2位に浮上 「グロイン」に次ぐ

  4. アセマネOne「未来の世界(先進国)」の残高が1000億円突破 設定から半年

  5. 東京海上AM「円奏会」、毎月と年1回決算型の合計残高が8000億円超

  6. 夏休み! 親子でお金のお勉強! 投資の疑似体験も! 日興AMがイベント

  7. ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

  8. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP