レオス、含み益の顧客割合は45% 投信の共通KPI(92社一覧)

金融庁の求めに応じて、投資信託を販売する金融機関が昨年から自主的に公表を始めた共通の成果指標(KPI)。2回目となる2019年3月末時点のデータを公表する金融機関が増えてきた。QUICK資産運用研究所が調べた92社を一覧にまとめた。

19年3月末で運用損益がプラス(含み益)の顧客割合はセゾン投信が97.8%。前年より12.9ポイント上昇した。一方、レオス・キャピタルワークスは45.0%と、前年の91.0%と比べ46.0ポイント下がった。レオスは発表資料で「2017年および2018年に口座開設した顧客が全体の7割を占めている。投資期間が短いと基準価額の短期的な変動の影響を受けやすく、当該期間の顧客において運用損益率がマイナスとなる方が多くなり、結果として全体の運用損益率が下がった」などとしている。

2019年3月末で運用損益がプラス(含み益)の顧客割合が判明した92社のうち、18年3月末時点と比較できるのは66社。この中で含み益の顧客割合が増えたのは49社だった。

(QUICK資産運用研究所)

 

関連記事

  1. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  2. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  3. 「投信で含み益」の投資家が増加 共通KPI、2年目検証

  4. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  5. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  6. レオスの「ひふみ」、資金流入が鈍化

  7. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  8. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP