2019年上期、ピクテの「グロイン」が資金流入トップ

2019年上期(1~6月)の国内公募追加型株式投資信託(ETFを除く)は、海外株式型への資金流入が目立った。資金流入上位10本のうち5本は海外株式型のファンドだった。

設定から解約を差し引いた資金流入超過額(推計値)が最も大きかったのは、ピクテ投信投資顧問が運用する「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(42311052)。6月末までの半年間で1384億円が流入した。グロインは国内最大規模のファンドで、主に世界の高配当利回りの公益株に投資する。4月に1万口あたりの分配金を50円から40円に引き下げたが、資金の流入傾向は続いた。

2位は日興アセットマネジメントが6月28日に設定した「グローバル・プロスペクティブ・ファンド(愛称:イノベーティブ・フューチャー)」(02312196)。当初設定額で1135億円の資金を集め、約6年2カ月ぶりの大型設定となった。「破壊的イノベーション」を起こしうる世界の企業の株式に投資する。販売会社はみずほ証券1社のみ。

一方、資金流出ランキングでは、16年から17年ごろを中心に人気を集めた人工知能(AI)やロボット関連などのテーマ型が上位に目立った。流出トップだったのは、アセットマネジメントOneが運用する「新興国ハイクオリティ成長株式ファンド<愛称:未来の世界(新興国)>」(4731117C)。みずほ証券が取り扱っている。

(QUICK資産運用研究所 竹川睦)

関連記事

  1. ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

  2. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  3. 9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

  4. 投信から資金流出 10連休前に手じまい売り

  5. アセマネOneが資金流入額トップ 10月の運用会社別投信

  6. SBIアセットの「雪だるま(全世界株式)」、信託報酬を26日に引き下げ

  7. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  8. アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP