金融庁、投信運用力「KPI」に関連した委託調査結果を公表

金融庁は3日、同庁のサイトに「資産運用業者の運用パフォーマンスを示す代表的な指標(KPI)に関する調査」と題した委託調査結果を公表した。調査・データ分析はQUICK資産運用研究所が請け負った。

今回の委託調査内容は下記の2つ。
(1)個人投資家が購入する国内公募の追加型株式投資信託を運用する資産運用業者(以下、運用会社)ごとの運用力の指標化
(2)アクティブ(積極運用)型の投信における運用コストと運用パフォーマンスの相関関係の定量分析

■投信会社の運用力を5年シャープレシオなどの平均で比較

運用会社の運用力を示すKPIは、全ての運用会社について、過去20年間に遡って、比較可能な2種類の数値を計算した。一部の運用会社が自主的にシャープレシオなどを指標化していた事例を参考にした。

具体的には、国内籍の公募追加型株式投資信託を対象に、1999~2018年の各年末を基準日とした過去5年間のシャープレシオと累積リターンを計測。主な投資対象で区分したQUICK分類(16分類)ごとに、各運用会社の平均値を算出した。

純資産総額が大きい主な分類について、18年末時点の5年平均シャープレシオの高さで1位の運用会社(略称)は下記の通り。
 国内株式       :レオス
 先進国株式      :アライアンス
 先進国債券(投資適格) :朝日ライフ
 先進国債券(非投資適格):フィデリティ
 海外REIT     :三井住友TAM

■アクティブファンドの運用コストとパフォーマンスは概ね逆相関

アクティブ型の国内公募追加型株式投信の「運用コストと運用パフォーマンスの相関関係」について分類別に分析した。運用パフォーマンスは2018年末時点の5年シャープレシオを採用。英FCA(Financial Conduct Authority)が17年6月に開示したAsset Management Market Study Final ReportのAnnex4に準じた統計的な定量分析手法を用いた。

その結果、バラツキはあるものの、多くの分類において運用コストと運用パフォーマンスの間に、統計的に有意な逆相関(マイナスの相関)が認められた。

■比較可能で見える化した運用会社KPIの検討

金融庁は18年9月に「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」を公表した。その中で、主要政策の一つとして、運用会社の顧客本位の業務運営の確立・定着に向けて、運用会社が、自社の運用力を示す「自主的なKPI」を公表することを促すとともに、その設定状況を踏まえて、共通KPIのあり方について検討を進めていくこととしていた。

家計の安定的な資産形成を実現していくには、資産運用業界全体の運用力の底上げがカギとなる。各社が切磋琢磨しながら運用成績を競い合っていくのを促すのには、運用会社の運用力をできるだけわかりやすい比較可能な指標で「見える化」することが効果的だ。今回の調査・分析内容は、どういった指標が適当かを含め、今後検討を進めていく上での参考データになる可能性がある。

(QUICK資産運用研究所)
金融庁の公表資料はこちら
金融庁・平成30事務年度「変革期における金融サービスの向上にむけて」はこちら
FCA「Asset Management Market Study Final Report」はこちら

関連記事

  1. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

  2. 投信販社の評価に共通3指標 金融庁、コストや収益を「見える化」

  3. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  4. レオス、含み益の顧客割合は45% 投信の共通KPI(92社一覧)

  5. 投信の共通KPI 含み益の顧客割合、セゾンが97%(56社一覧)

  6. 「投信で含み益」の投資家が増加 共通KPI、2年目検証

  7. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  8. ネット証券で残高上位の投信、運用効率が高い傾向 共通KPIで比較

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP