東京海上AM「円奏会」、残高が6000億円突破

東京海上アセットマネジメントが運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<愛称:円奏会>」(4931112B)の純資産総額(残高)が初めて6000億円を突破した。2日時点の残高は6009億円。

2012年11月に設定され、今年1月末に5000億円に到達。今年上半期(1~6月)には国内公募の追加型投資信託(ETF除く)で3番目に多い1096億円の資金が流入し、残高は6月末時点で国内4位の規模となった。

複数資産に投資するバランス型で残高が6000億円を超えるのは、2011年8月上旬の「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型<愛称:財産3分法ファンド>」(02312038)以来およそ8年ぶり。

「円奏会」は日本の債券と株式、REIT(不動産投信)に分散投資し、基本の配分比率はそれぞれ70%、15%、15%。前月の分配金実績は1万口あたり30円で、2014年7月から同水準を維持している。6月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は1.38%プラス、5年では14.76%プラスだった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際「サイバーセキュリティ株式OP」の残高、1000億円超す

  2. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  3. 日興アセットが残高増と資金流入額で首位 6月

  4. 「イノベーティブ・フューチャー」1135億円、6年ぶりの大型設定 みずほ証券が販売

  5. 「ダイワ米国リート(毎月)」分配金を30円に減額 過去最低に

  6. 投信「不適切販売」ゆうちょ銀、上位に毎月分配型めだつ

  7. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  8. 「インデックス投資の父」を追悼 個人投資家が集うインデックス投資ナイト

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP