「イノベーティブ・フューチャー」1135億円、6年ぶりの大型設定 みずほ証券が販売

運用は日興AM,歴代19位の規模

日興アセットマネジメントが28日に設定した「グローバル・プロスペクティブ・ファンド(愛称:イノベーティブ・フューチャー)」(02312196)は、当初設定額が今年最大の約1135億円に達した。国内公募の株式投資信託(ETFを除く)では6年2カ月ぶりの多さ。みずほ証券が1社で販売した。

国内公募の株式投資信託(ETFを除く)では、13年4月にJPモルガン・アセット・マネジメントが運用を始めた「日興JPM環太平洋ディスカバリー・ファンド」(17315134、1219億円)以来の大型設定となった。歴代では19位の規模。

同ファンドは劇的な生産性向上やコスト低下といった「破壊的イノベーション」を起こしうるビジネスを手掛ける世界の企業の株式が投資対象。人工知能(AI)やブロックチェーン、ゲノム解析など世界経済に成長をもたらす技術革新に焦点をあてたファンドだ。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 2019年上期、ピクテの「グロイン」が資金流入トップ

  2. 日興AM「グローバル3倍3分法(1年決算)」残高が1000億円超す

  3. ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

  4. 日興アセットが残高増と資金流入額で首位 6月

  5. みずほ証券、資産運用ロボアド「あしたのそなえ」を開始

  6. 東京海上AM「円奏会」、毎月と年1回決算型の合計残高が8000億円超

  7. 三菱UFJ国際「サイバーセキュリティ株式OP」の残高、1000億円超す

  8. 東京海上AM「円奏会」、残高が6000億円突破

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP