投信の共通KPI 含み益の顧客割合、セゾンが97%(56社一覧)

金融庁の求めに応じて、投資信託を販売する金融機関が昨年から自主的に公表を始めた共通の成果指標(KPI)。2回目となる2019年3月末時点のデータを公表する金融機関が増えている。一覧にまとめた。

参考記事:「投信で含み益」の投資家が増加 共通KPI、2年目検証(6/21)

19年3月末で運用損益がプラス(含み益)の顧客割合が明らかになった56社のうち、18年3月末時点と比較できるのは33社。この中で含み益の顧客割合が増えたのは23社だった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  2. レオス、含み益の顧客割合は45% 投信の共通KPI(92社一覧)

  3. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  4. ネット証券で残高上位の投信、運用効率が高い傾向 共通KPIで比較

  5. SBI証券、投信で顧客の7割超が利益 全売却分含め公表

  6. 投信で含み益、顧客の6割超で ネット証券4社

  7. 投信「半数の個人が損失」の驚き 金融庁の共通指標どう読み解く

  8. 投信販社の評価に共通3指標 金融庁、コストや収益を「見える化」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP