金との組み合わせ投資は有効か? 相関係数で検証

投資資産としての「金」は、地政学リスクや金融不安が高まった時などに「安全資産」として買われやすい。独特の値動きが特徴で、複数の資産に分散投資するバランス型の投資信託に組み入れられるケースも多い。実際に組み合わせ投資が有効か検証してみた。

まず調べたのは、各資産で運用する国内公募追加型株式投信と金(円ベース)の相関関係(図表1)。相関係数はプラス1からマイナス1までの値をとり、プラス1に近づくほど似た値動き、マイナス1に近づくほど逆の値動き、ゼロに近づくほど値動きの関係がなかったことを示す。

過去15年間の平均的な値動きを使って比べたところ、どの資産も金との相関係数は低めだった。例えば、国内株式で運用する投信と金の相関係数は0.16。ゼロに近く、値動きの関係性がほとんどなかった。

次に国内株式と金を単独で運用した場合と、それぞれ1対1の割合で組み合わせて運用した場合をチャートにしたのが図表2。過去15年で国内株式は80%、金は236%値上がりし、組み合わせ投資のリターンはそれらを足して2で割った158%だった。

一方、チャートの形状を見ると、組み合わせ投資の値動きが国内株式や金よりもややなだらかなことが分かる。価格変動リスク(標準偏差・年率)を見ると、組み合わせ投資は13.08%。国内株式(17.85%)と金(16.50%)の平均(約17.18%)よりも4.1ポイント低くなった。つまり国内株式や金に単独で投資するよりも、組み合わせて投資したほうがリターンをある程度維持しつつ、リスクを抑えることができたと言える。

(QUICK資産運用研究所 笹倉友香子)

関連記事

  1. 「楽天・バンガード」、米国ETFに投資(インデックスファンドNAVI)

  2. 「インデックス投資の父」を追悼 個人投資家が集うインデックス投資ナイト

  3. 金融庁、投信運用力「KPI」に関連した委託調査結果を公表

  4. ここまで見せた! 三菱UFJ国際が運用の現場をブロガーに大公開

  5. 東京海上AM「円奏会」、毎月と年1回決算型の合計残高が8000億円超

  6. 日興AM「グローバル3倍3分法(1年決算)」残高が1000億円超す

  7. 含み益の顧客、ゆうちょ銀76% 投信の共通KPI(159社・業態別一覧)

  8. ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP