ピクテの「グロイン」初の残高首位 6513億円、「USハイ」抜く

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で、「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(42311052)が純資産総額(残高)ランキングの首位になった。22日時点の残高は6513億円。QUICK資産運用研究所が月末時点のデータをさかのぼって調べたところ、「グロイン」が首位になるのは初めて。

「グロイン」の年初来の資金流入額は、22日時点の推計値で738億円程度。国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)の中で最も多い。今月10日の決算で1万口あたりの分配金を前月より10円安い40円に引き下げたが、その後も日次ベースで資金流入が続いている。

一方、2位に後退したのは「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)で、22日時点の残高は6480億円だった。「USハイ」は今年に入っておよそ200億円の資金が流出。基準価額は上昇基調にあるものの、月次ベースでは2017年10月から1年半にわたって資金流出が続いている。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 4月の投信、ピクテが資金流入額首位 残高増加額トップは日興AM

  2. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  3. 「ピクテ新興国インカム株式」が分配金を減額 過去最低の15円に

  4. 三井住友トラストAM、投信残高の増加額と資金流入額で首位(3月)

  5. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  6. 相関係数を使って分散投資 4月末の投信分類別一覧

  7. ラップ口座特集② 大和「お金に色をつけていく」

  8. ラップ口座特集① 野村「ファンドラップは『商品』ではなく『サービス』」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP