GS「ネットウィンB」の残高、設定20年目で3000億円突破

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用する「netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし)」(3531299B)の純資産総額(残高)が初めて3000億円を突破した。3日時点の残高は3014億円。昨年8月末に2000億円に到達後、およそ7カ月で1000億円を積み増した。

今年11月で設定から丸20年となる同ファンドは、1年ほど前から過去の好成績などを背景に人気に火がついた。2018年の年間資金流入額は約1768億円で、国内公募追加型投資信託(ETFを除く)の中で7番目の多さだった。

今年に入って資金流入のペースは鈍化傾向だが、運用成績は堅調。基準価額は昨年末から21.65%上昇した(3日時点)。2月末時点の組み入れ銘柄数は38。アマゾン・ドット・コム(AMZN)の組み入れ比率が8.4%と最も高く、アルファベット(GOOG)が8.3%、マイクロソフト(MSFT)が7.2%と続いた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. GS「ネットウィンA」の残高が1000億円突破 設定19年目で

  2. GS「ネットウィンB」、残高が1000億円に 設定から18年

  3. 東京海上AM「円奏会」の残高5000億円突破

  4. 大型投信、残高の落ち込み目立つ  2018年末、1兆円ファンド消える

  5. 「ゆうバランス(安定成長)」残高が1000億円突破 ゆうちょ銀で販売

  6. 東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

  7. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  8. 「ひふみプラス」、残高で3位に浮上  「ゼウス」抜く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP