「野村ハイベータ日本株」750億円集める 野村証券が販売

野村アセットマネジメントが1日に設定した単位型の「(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903」(01211193)は、申し込み期間(2月18~28日)に750億円の資金が集まった。販売会社は野村証券の1社のみ。

集まった金額は、今年に入って設定された国内公募の株式投資信託(ETFを除く)の中で最大。昨年来では3番目の多さだった。

同ファンドは市場の値動きより大きく株価が動く傾向がある国内株式(ハイベータ株)に投資する。株価の割安性や経営の健全性を考慮することで、相場上昇時の値動きが下落時よりも大きくなるポートフォリオを構築する。

信託期間は2025年3月4日までの約6年間。基準価額(支払い済みの分配金累計額は含まない)が1万2000円以上になった場合は安定運用に切り替え、繰り上げ償還する。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 野村アセット「野村インド株」、残高が7位に浮上 「グロソブ」を上回る

  2. アセマネOne「未来の世界(新興国)」、当初設定額が今年最大の977億円

  3. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  4. レオスが躍進、キャピタルも急浮上 野村アセットは首位維持 17年末・運用会社別投信残高

  5. 投信、アセマネOneが資金流入額首位 昨年12月の運用会社別

  6. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  7. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  8. 「ひふみプラス」の残高、5000億円を突破 初のトップ10入り

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP