日興アセット「スマート・ファイブ」の残高3000億円超す

日興アセットマネジメントが運用する「スマート・ファイブ(毎月決算型)」(02312137)の純資産総額(残高)が3000億円を突破した。19日の残高は3000億円。設定は2013年7月で、現在の販売会社はゆうちょ銀行のみ。毎月継続して資金が集まっており、年間資金流入額は17年、18年の2年連続で1000億円を超えた。

主な投資対象は、日本国債、高金利海外債券、グローバル高配当株式、グローバル不動産投資信託(REIT)、金の5つ。値動きが異なる傾向にある5資産で、基準価額に対して与える影響度合いが均等になるように配分比率を決める。

1月末時点の資産構成比率は日本国債が51.5%で半数を占め、金が17.6%、高金利海外債券が10.6%で続く。1月に資産配分(目標組み入れ率)を変更し、日本国債と金の比率を引き上げ、高金利海外債券とグローバルREITを引き下げた。1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス0.55%、5年では18.65%プラスだった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  2. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  3. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  4. 「野村ハイベータ日本株」750億円集める 野村証券が販売

  5. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  6. アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

  7. 大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

  8. 東京海上AM「円奏会」の残高5000億円突破

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP