三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

三菱UFJ国際投信が運用する「ワールド・リート・オープン(毎月決算型)」(03313047)が12日の決算で1万口あたりの分配金を前月より15円安い20円に引き下げた。昨年2月以来の減額で、2004年7月の設定以降の最低水準を更新した。

同ファンドは、世界各国の不動産投資信託(REIT)に投資する。18年12月末時点では米国REITがおよそ6割を占め、カナダとオーストラリアのREITが続く。19年1月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はプラス2.53%だったが、基準価額は1年前と比べて14.31%下がった。

三菱UFJ国際投信は分配金を引き下げた背景として、17年末から18年末にかけて世界のREIT相場が下落したことなどを挙げ、「市況動向や基準価額水準、配当等収益の状況などを総合的に勘案」としたとしている。

12日時点の純資産総額(残高)は2940億円。1万口あたりの分配金を70円から50円に引き下げた2017年2月から月間ベースで資金流出が続いていたが、1月の資金流入額(推計値)では2年ぶりにプラスに転じた。

◇三菱UFJ国際投信の発表資料

決算・分配金のお知らせ

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  2. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

  3. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

  4. 株価大荒れの1週間、投信マネーが向かった先は?

  5. 日興アセット「ラサール・グローバルREIT(毎月分配)」、分配金を減額 過去最低の25円に

  6. 4~9月の投信残高、「ゼウス」▲1200億円で落ち込み鮮明 「ひふみ」が増加

  7. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

  8. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP