アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

アセットマネジメントOneが運用する「未来の世界」シリーズは、新ファンドが2本加わって計7本になった。1月31日に運用を始めた2本の「先進国ハイクオリティ成長株式ファンド<愛称:未来の世界(先進国)>」のうち、為替ヘッジなしのコース(47315191)には、当初設定額で262億円が集まった。国内公募の追加型株式投資信託ではおよそ3カ月ぶりの大型設定となった。

同シリーズは、成長力の評価に基づいて質の高い企業(ハイクオリティ成長企業)の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資する。今回追加されたのは、投資対象が先進国の株式。これまでに全世界の株式が対象の「グローバル」や、新興国の株式を対象としたファンドを運用している。

シリーズの純資産総額(残高)合計は18年9月に8500億円を超えた。その後は8000億円を下回る場面があったが、新ファンドが追加されたこともあって19年1月末時点では8340億円と残高が回復傾向にある。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  2. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

  3. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  4. 9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

  5. アセマネOne「ライジング・フューチャー」、当初設定額が374億円に

  6. アセマネOne「プライムOne」、当初設定額840億円で今年最大に

  7. アセマネOne「未来の世界(年2回)」、設定1カ月で残高が1000億円に

  8. 「未来の世界(年2回)」の当初設定641億円 今年2番目の大きさ、アセマネOne

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP