大和住銀「短期豪ドル債オープン」、分配金を減額 過去最低の10円に

大和住銀投信投資顧問が運用する「短期豪ドル債オープン(毎月分配型)」(22311034)が7日の決算で1万口あたりの分配金を前月(20円)の半分の10円に引き下げた。昨年2月以来1年ぶりの減額で、2003年4月に運用を始めてから最低水準を更新した。

同ファンドは、高格付けの豪ドル建ての公社債や短期金融商品に投資する。ファンド全体のデュレーション(平均残存期間)を1年未満とすることで、金利変動による影響を小さくする。

1月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス8.69%。過去1年間に受け取った分配金がどれだけ運用益から支払われたかを表す分配金健全度は0%(1年前に購入した場合、100%に近いほど健全度が高い)だった。

大和住銀投信投資顧問は7日の臨時レポートで、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の低金利政策により、豪ドル建て債券の利回りが低水準で推移していることを指摘。分配金を引き下げた理由を「基準価額の水準の低下や市況動向、分配対象額等を総合的に勘案した」としている。

◇大和住銀投信投資顧問の臨時レポートはこちら

-第189期分配金について-

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  2. 三井住友DS「日本株アルファ・カルテット」分配金を減額 過去最低の40円

  3. 「ダイワ米国リート(毎月)」分配金を30円に減額 過去最低に

  4. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  5. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  6. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  7. 三菱UFJ国際「ワールド・リート・オープン」、分配金を減額 過去最低の20円に

  8. ニッセイAMの「ラッキー・カントリー」、分配金を100円に減額 過去最低と並ぶ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP