税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

QUICK資産運用研究所が昨年11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。13回目は各税制優遇制度の認知度や利用状況について掲載する。(調査概要と過去の配信はこちら

少額投資非課税制度(NISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)など、個人の資産形成を後押しする税制優遇措置がある制度について認知度や利用状況を聞いたところ、すべての制度で「知らない」と「聞いたことはあるが詳しくは分からない」が合わせて半数を超えた。認知度の向上にはまだ課題が残るようだ。

各制度を「利用している」と答えた人の割合は、一般NISAが16.4%で最も高かった。年齢別では60~74歳の利用が多く、回答者のうちおよそ4人に1人が一般NISAを利用していることが分かった。

一方、つみたてNISAは20~30代、イデコは40代で利用している人の割合が多かった。16年から始まった未成年者向けのジュニアNISA(運用管理者は両親・祖父母等の親族)は、ほかの制度よりも利用率が低かった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. つみたてNISA、利用するなら「銀行で」が1位【個人意識調査(5)】

  2. NISAやiDeCoの認知度、収入や金融資産額で差【日経リサーチ調査⑪】

  3. つみたてNISA「知っている」は2割弱 iDeCoは14%【日経リサーチ調査①】

  4. 個人型DC拡充「知らなかった」が8割超【個人意識調査(12)】

  5. ブロガー向けにiDeCo新プラン説明会 SBI証が三菱UFJ国際とタッグ 

  6. つみップ女子部、講師2人も女性 つみたてNISAやiDeCoを解説

  7. 金融庁が「つみップ」女子部を開催 率直で実践的な質問が続々

  8. 積立NISA、金融庁基準に適うアクティブ投信はわずか5本…森長官の講演が話題

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP