投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

QUICK資産運用研究所が昨年11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。10回目は金融商品の保有状況について聞いた結果を掲載。商品を選ぶ際に重視するポイントについても尋ねた。(調査概要と過去の配信はこちら)

■リスク性資産の保有、国内株式がトップ

現在保有している金融商品は、「定期性預貯金」が抜きんでて高かった。次いで「いずれも保有していない」の割合が大きかった。

リスク性資産の中では「国内株式」が23.4%でトップ。「個人年金保険」と「投資信託」、「終身保険」は15%前後で横並びだった。

今後については「保有したい・取引額を増やしたい商品はない」の48.6%が最も高かった。

■利回りの高さや値上がりを重視

資産形成・資産運用をしている人(下記に区分方法を掲載)に対し、運用する商品を選ぶ際に重視することを聞いた結果、「利回りの高さ」や「値上がり期待」といった回答が多かった。

年代別でみると、若年層ほど「商品内容のわかりやすさ」や「手数料や信託報酬の水準」を気にする傾向が強い。60代以上では「元本保証」や「換金のしやすさ」の比率が高かった。

投資経験別では、投資経験の長い方が「利回りの高さ」と「値上がり期待」をより重視する傾向にある。投資経験が10年以上のベテランは「株主優待」や「投資先が好きな企業であること」の回答が目立った。

◇資産形成・資産運用をしている人:下記の金融商品を保有していると答えた人

<金融商品:外貨預金/国内株式/外国株式/個人向け国債/その他債券 /投資信託(ETF、ETN、REIT含む)/個人年金保険(円建て)※公的年金、企業年金は除く/個人年金保険(外貨建て)/定期保険・養老保険(満期金あり、円建て)/定期保険・養老保険(満期金あり、外貨建て)/終身保険(満期なし、円建て)/終身保険(満期なし、外貨建て)/MMF・中期国債ファンド 外貨建てMMF/ラップ口座(ファンドラップ、SMAなど)/外国為替証拠金(FX)取引、差金決済(CFD)取引/先物・オプション商品、カバードワラント/仮想通貨(ビットコインなど)/金などの貴金属投資>

◇投資経験の目安※自己申告によるもの

初級  :投資経験1年未満

中級  :投資経験1年以上5年未満

上級  :投資経験5年以上10年未満

ベテラン:投資経験10年以上

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  2. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

  3. 年齢・年収あがるほど金融知識レベル高く 【個人の資産形成に関する意識調査③】

  4. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  5. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  6. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  7. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

  8. 投信・ラップ・外貨建て保険 理解してる? 【個人の資産形成に関する意識調査⑫】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP