投信積み立て、ネット証券での取引多く 【個人の資産形成に関する意識調査⑥】

QUICK資産運用研究所が昨年11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。6回目は、投資信託の積み立て投資と一括投資をする場合に、商品選びや取引金融機関に違いがあるのかを聞いた結果を掲載する。(調査概要と過去の配信はこちら

■投信選び、重視するのは?

投資信託を保有している人に商品選びで重視することを聞いたところ、積み立て投資をしている人と一括投資をしている人で違いが出た。積み立て投資の場合は最も多かった回答が「長期投資に向くかどうか」で、2番目は「手数料や信託報酬の水準」のコスト面だった。

一方、一括投資では「値上がり期待」や「過去の運用実績」をより重視する傾向にあった。

■一括投資なら銀行・信託の窓口で

どの金融機関で投資信託の取引をしているかを積み立て投資をしている人と一括投資をしている人に分けて集計したところ、積み立て投資は「ネット専業証券」が頭ひとつ抜けて多かった。次いで「銀行・信託銀行(店舗窓口)」が多く、「証券会社(店舗窓口)」を大きく上回った。

一括投資では「銀行・信託銀行(店舗窓口)」が断トツの首位。2位以下は「ネット専業証券」、「証券会社(WEB)」と「証券会社(店舗窓口)」が続いた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

  2. 投信保有者、4割強が積み立て投資 【個人の資産形成に関する意識調査④】

  3. 投信・ラップ・外貨建て保険 理解してる? 【個人の資産形成に関する意識調査⑫】

  4. マイナンバー、投信保有者の8割超が提出済み 【個人の資産形成に関する意識調査②】

  5. NISA5年、満期後の予定は? 【個人の資産形成に関する意識調査①】

  6. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  7. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  8. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP