マイナンバー、投信保有者の8割超が提出済み 【個人の資産形成に関する意識調査②】

QUICK資産運用研究所が11月、全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。2回目はマイナンバーの対応状況についてだ。(調査概要と①はこちら

金融機関の有価証券口座を保有する個人は、2018年末までにマイナンバー(税と社会保障の共通番号)を届け出ることが法律で義務付けられている。投信を保有していると答えた人に対し、投信を取引している金融機関にマイナンバー提出したか聞いたところ、82.9%が「提出した」と答えた。

残りの17.1%はマイナンバーを提出していない。内訳は、提出しなければならないことは知っていた人が11.1%、知らない人が6.0%だった。

マイナンバーを提出していない理由としては「手続きが面倒だから」がトップ。「手続きする時間がないから」と「自身の税務内容を明かしたくないから」が続いた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信・ラップ・外貨建て保険 理解してる? 【個人の資産形成に関する意識調査⑫】

  2. 投信積み立て、ネット証券での取引多く 【個人の資産形成に関する意識調査⑥】

  3. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

  4. 投信保有者、4割強が積み立て投資 【個人の資産形成に関する意識調査④】

  5. NISA5年、満期後の予定は? 【個人の資産形成に関する意識調査①】

  6. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  7. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  8. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP