NISA5年、満期後の予定は? 【個人の資産形成に関する意識調査①】

QUICK資産運用研究所は2018年11月、全国の20~74歳の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は、16年12月と17年12月に続き3回目。日経リサーチを通じてインターネット経由でアンケート調査を実施し、5075人から回答を得た。集計結果を順次、紹介していく。

■非課税期間満了の「第1号」は利用者の5割

2014年に始まった少額投資非課税制度(NISA)。株式や投資信託の運用益が5年間非課税になる制度で、14年にNISAを利用し始めた人は今年の年末に最初の満期を迎える。

NISA口座を開設し実際に利用している人に現状を聞いたところ、14年からNISAを利用し、今年で非課税期間満了にあたる人が5割を超えた。このうち一部は「14年に活用した枠は既に全部売却済み」と答えた。

■ロールオーバーが半数以上

5年前から投資商品を保有し続けている人に満了後の予定を聞くと、「全額をロールオーバー(2019年の非課税枠に移管)する」との答えが半数以上で断トツだった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

  2. つみたてNISA、利用するなら「銀行で」が1位【個人意識調査(5)】

  3. NISA、高年齢・高所得・高額資産層が利用【個人意識調査(13)】

  4. NISAやiDeCoの認知度、収入や金融資産額で差【日経リサーチ調査⑪】

  5. NISA口座の開設率が高い県は・・・【日経リサーチ調査⑩】

  6. つみたてNISA「知っている」は2割弱 iDeCoは14%【日経リサーチ調査①】

  7. ブロガー向けにiDeCo新プラン説明会 SBI証が三菱UFJ国際とタッグ 

  8. NISA5年、投信窓販20年「異業種参入が顧客開拓に寄与」 QUICK資産運用討論会

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP