「ゆうバランス(安定成長)」残高が1000億円突破 ゆうちょ銀で販売

JP投信が運用する「JP4資産バランスファンド安定成長コース<愛称:ゆうバランス>」(AK312162)の純資産総額(残高)が11月30日に1000億円を突破した。30日の残高は1004億円。

「ゆうバランス」は日本と海外の債券と株式、計4つの資産に分散投資するバランス型ファンド。各資産の配分比率は固定され、「安定成長」コースは株式を50%組み入れる。

このほかに株式の組み入れ比率が30%の「安定」コース(AK311162)と、70%の「成長」コース(AK313162)があり、3つのファンド間でスイッチング(コースの切り替え)ができる。

「安定成長」コースは11月末時点の設定来リターン(分配金再投資ベース)が16.86%、1年リターンはマイナス1.37%だった。2016年2月に設定され、資金流入傾向が続く。販売会社はゆうちょ銀行とスルガ銀行。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. JP投信が資金流入額4位 11月

  2. 2019年度上半期の投信残高、5本が1000億円超の積み増し

  3. ピクテ「グロイン」の残高、3年3カ月ぶり8000億円台

  4. 日興アセット「イノベーティブ・フューチャー」、残高が2000億円突破 設定から2カ月半

  5. 投信「不適切販売」ゆうちょ銀、上位に毎月分配型めだつ

  6. 野村アセット、残高増加額と資金流入額で首位 9月の投信

  7. 日興アセット、資金流入額が3カ月連続の首位 8月の投信

  8. 投信の共通KPI、顧客の6割が含み益 「見える化」課題も多く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP