フィデリティの運用担当者「米国のREITとハイイールド債は堅調」

フィデリティ投信が運用する日本で最大級の投資信託「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」(32315984)と「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」(3231203C)。どちらも純資産総額(残高)が6500億円を超す毎月分配型の巨大ファンドだが、最近は分配金引き下げによる資金流出が続いている。前週来日したポートフォリオ・マネジャーのハーリー・ランク氏(「USハイ」担当)と、スティーブ・ビューラー氏(「USリート」担当)に、それぞれの市場の今後の見通しなどを聞いた。主な内容は以下の通り。

ランク氏「米ハイイールド債、分散効果高く資産に組み入れを」

「米国のハイイールド(低格付け)債券は、過去30年間に2年連続でマイナスのリターンになったことはない。マイナスの次の年は必ずプラスのリターンを上げている。リーマン・ショックの翌年2009年には50%超のリターンだった」

「米国経済は国内総生産(GDP)伸び率からみても堅調だ。ハイイールド債を発行する会社の財務状況も良好なので、今後のデフォルト(債務不履行)率は非常に低いとみている」

「過去の利上げ局面を振り返っても、ハイイールド債はプラスのリターンを維持した。金利が上昇するということは景気が良好なことを意味するので、ハイイールド債の発行体の信用力にもプラスになる」

「過去20年間のハイイールド債の年率リターンは6.88%だ。株式や国債、コモディティとの相関が低い商品でもあるので、資産分散効果が高い。ぜひ資産の一部に組み入れてほしい」

ビューラー氏「米REITは割安」

「米国のREIT(不動産投資信託)市場は良好だ。不動産物件の新規供給が限られていて、既存物件の稼働率は約95%とほぼ満室の状態にある。特に商業用不動産物件の新規供給は過去平均を下回っており、この先数年はさらに少なくなるだろう。建材費や人件費の高騰で建設コストが増加しているからだ」

「米国のREIT価格は非常に割安になっている。米国株の上昇局面で株式に資金が流れ、REITは放置されていたためだ。ここにきて相場に調整が入り、REITにも再び資金が流れてきた。それでも依然として割安な水準にある」

「米国の利上げに伴う金利上昇はREITにとってマイナスという見方があるが、それは偏見だ。利上げするのは、景気が良好だからこそ。景気が良ければ賃料も上昇し、REITにとってもプラス要因になる。資金調達コストは上昇するが、プラス面とマイナス面との綱引きになる」

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

関連記事

  1. 「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド」が分配金を減額 過去最低の70円に

  2. 投信残高、「フィデリティUSハイ」が首位に返り咲き  「ゼウス」は2位に後退

  3. 投信の勢力図に変化 「国内株式型」が11年ぶり残高トップ10に

  4. 投信残高、アセマネOne「ゼウス」が再び首位に 「フィデリティUSリート」陥落

  5. 「フィデリティ・日本成長株」、残高4000億円を回復 約10年ぶり

  6. 「フィデリティ・USハイ・イールド」が分配金減額 最安値の30円に

  7. 「フィデリティ・USリート・ファンドB」が分配金減額 1年ぶり、最低の35円に

  8. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP