7~9月の投信運用、「株式型」の好調目立つ

7~9月の投資信託の運用成績を対象資産の分類別に見ると、「国内債券型」を除くすべてでパフォーマンス(分配金再投資ベース)がプラスになった。とりわけ成績が良かったのは株式に投資するタイプで、「先進国株式型」のリターンが5.97%、「国内株式型」が4.94%、「グローバル株式型」が4.37%だった。米国を中心とした株式相場の上昇が寄与した。 
 
一方、「国内債券型」は、長期金利の上昇(債券価格は下落)を受けてマイナスのリターンとなった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アセマネOneが資金流入額トップ 10月の運用会社別投信

  2. レオスの「ひふみ」、資金流入が鈍化

  3. NISA5年、投信窓販20年「異業種参入が顧客開拓に寄与」 QUICK資産運用討論会

  4. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  5. 大和投信「杏の実」が分配金引き下げ 過去最低の10円に

  6. 新興国株投信、国内REIT型と組み合わせてリスク抑制 10月末の「相関係数」

  7. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

  8. フィデリティ「USハイ」残高7000億円割れ 国内最大、ピークのほぼ半分に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP