東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

東京海上アセットマネジメントが運用する「東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)<愛称:円奏会(年1回決算型)>」(4931114B)の純資産総額(残高)が1000億円を突破した。17日時点の残高は1003億円。2014年11月の設定からおよそ4年で大台に到達した。

同ファンドは国内の債券と株式、REIT(不動産投資信託)に、それぞれ70%、15%、15%を基本配分として分散投資する。基準価額の変動リスクが大きくなった場合は、リスクを年率3%程度に抑制するように株式とREITの割合を引き下げて運用する。

9月末時点での組み入れ比率は、ほぼ基本配分通りだ。設定来のリスクは年率2.01%にとどまる。設定以降で迎えた4回の決算ではいずれも分配金を出していない。設定来リターンは10.57%、1年では1.78%と小幅にプラスだった。

今年5月からは資金流入のペースが速まり、月間50億円を超える資金が集まる。マザーファンドが同じ毎月決算型の「円奏会」(4931112B)にも資金流入が続き、10月17日時点で残高が4500億円を超えた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. ピクテの「グロイン」初の残高首位 6513億円、「USハイ」抜く

  2. 4月の投信、ピクテが資金流入額首位 残高増加額トップは日興AM

  3. 三井住友トラストAM、投信残高の増加額と資金流入額で首位(3月)

  4. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  5. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

  6. 「野村ハイベータ日本株」750億円集める 野村証券が販売

  7. ラップ口座特集② 大和「お金に色をつけていく」

  8. ラップ口座特集① 野村「ファンドラップは『商品』ではなく『サービス』」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP