三井住友AM「アジア好利回りリート」、今年2回目の分配金減額

 三井住友アセットマネジメントが運用する「アジア好利回りリート・ファンド」(79312119)が12日の決算で1万口あたりの分配金を前月より30円安い60円に引き下げた。減額は1月以来で、今年2回目。2012年1月(40円)以来の低水準になった。
 
 同ファンドは、日本を除くアジアとオセアニア各国・地域の不動産投資信託(REIT)に投資する。9月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は6.38%プラスだった。一方で、基準価額(分配金支払い後)は12日時点で年初から18.43%下落。今年初めに2270億円あった純資産総額(残高)は、1804億円まで減少している。
 
 三井住友アセットマネジメントは12日の発表資料で、分配金を引き下げた理由を「基準価額が緩やかながらも下落傾向で推移したことや、分配対象額(分配可能原資)の状況等を勘案した結果」とし、前回引き下げた1月と同様の背景を示した。
 
 ◇三井住友アセットマネジメントの発表資料はこちら
第85期決算および分配金のお支払について
 
 (QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三井住友アセット「げんきシニアライフ」、残高が1000億円に 設定から18年

  2. 三井住友アセット「フューチャー・バイオテック」、残高1000億円突破 設定2カ月で

  3. 三井住友アセット「アジア好利回りリートF」、分配金を引き下げ 5年ぶり低水準

  4. 三井住友アセット「高成長インド・中型株式ファンド」、残高が1000億円に到達

  5. 三井住友AM、投信残高の増加と資金流入で首位 9月の運用会社別

  6. 三井住友アセット、資金流入2カ月連続の首位 7月の運用会社別投信

  7. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  8. ESG投資の浸透で変わる企業経営 真価を問うアクティブ運用

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP