三菱UFJ国際投信の「夢実月」、分配金を45円に減額

三菱UFJ国際投信が運用する「三菱UFJ 豪ドル債券インカムオープン<愛称:夢実月>」(03311033)が9日の決算で、1万口あたりの分配金を前月より15円安い45円に引き下げた。分配金の減額は昨年8月以来1年2カ月ぶりとなる。
 
主な投資対象は、格付けが高い豪ドル建ての公社債。オーストラリアの国債や州政府債が中心だ。9月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス6.06%だった。2003年3月に設定され、9日時点の純資産総額(残高)は1079億円にのぼる。
 
三菱UFJ国際投信は、分配金を減額した理由を「基準価額水準、市況動向に加え、分配原資の状況等を総合的に勘案」したと発表。豪ドルが対円で下落していることなどをマイナス要因として挙げた。
 
◇三菱UFJ国際投信の発表資料はこちら
 決算・分配金のお知らせ
 
(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三菱UFJ国際「花こよみ」が分配金減額 過去最低の30円に

  2. 投信の分配金 元本取り崩し「容認」は3割弱、「否定」が5割近く 退職者層に調査・三菱UFJ国際投信

  3. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim」の信託報酬引き下げ 業界最安に

  4. 三菱UFJ国際「グロソブ」の残高トップ10落ち 17年半の記録途切れる 

  5. 三菱UFJ国際「グロソブ」、残高が5000億円割れ 資金流出続く

  6. インデックス型投信の断捨離進む? ブラックロックが「i-mizuho」刷新

  7. 野村アセット「野村インド株」、残高が7位に浮上 「グロソブ」を上回る

  8. 三菱UFJ国際「いちよしジャパン・ベンチャー」、新規受付を停止

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP