レオスの「ひふみ」、資金流入が鈍化

レオス・キャピタルワークスが運用する投資信託「ひふみ」への資金流入が鈍化してきた。運用成績の伸びがやや落ちてきたことで、人気が一巡しつつある。

同社が直接販売する「ひふみ投信」(9C31108A)は、9月の設定から解約を差し引いて17億円の資金流出超過(推計値)だった。資金流出に転じるのは、2014年8月以来で4年1カ月ぶりとなる。2008年10月の設定後では最大のマイナス。

60社以上の販売会社で取り扱っている「ひふみプラス」(9C311125)も、9月は33億円の資金流入超にとどまった。テレビの情報番組で紹介され、ファンドの知名度が上がった2017年2月から流入超が続いているが、その中では最も少ない。

「ひふみプラス」の流入超過額は18年1月に728億円と、単月で設定後の最高まで膨らんだ。18年9月末時点の基準価額は同1月末を下回っており、このタイミングで購入した投資家のリターンは計算上マイナスになる。資金流出入を日次ベースでみると、9月下旬からは流出超に転じている。

 

同じマザーファンドに投資する投信は、「ひふみ投信」と「ひふみプラス」、確定拠出年金向けの「ひふみ年金」(9C31116A)がある。3本合計の純資産総額(残高)は18年9月末時点で8300億円程度。17年2月(1400億円程度)の6倍近くになっている。主な投資対象は国内株式だが、17年6月から組み入れ始めた海外株式が資産全体の約10%(18年8月末時点)を占める。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. BNYメロン「モビリティ・イノベーション」が資金流入トップ 2018年上期の投信

  3. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  4. 相場急変の2月、JPモルガンとレオスは増加 運用会社別の投信残高

  5. コモンズ投信、顧客の97.7%が含み益 独立系は高水準

  6. 「ひふみプラス」、残高で3位に浮上  「ゼウス」抜く

  7. つみたてNISA対象投信に資金流入 インデックスは日経平均型、アクティブはひふみ

  8. ニッセイアセット「げんせん投信」、目指すは日本株最大のファンド

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP