4~9月の投信残高、「ゼウス」▲1200億円で落ち込み鮮明 「ひふみ」が増加

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)で、2018年9月末時点の純資産総額(残高)上位15本を同3月末時点と比較したところ、半年前に首位だった「新光 US―REIT オープン<愛称:ゼウス>」(47311049)の落ち込みが目立った。残高は半年で1241億円減少し、順位は4位に後退。上位15本で残高の減少幅が1000億円を超えたの1本だけで、「ゼウス」の1人負けとなった。
 
「ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」(04312047)の残高は117億円の増加。米国の不動産投信(REIT)に投資するタイプの中でも差が出た。
 
「ゼウス」は4月の決算で1万口あたりの分配金を設定後で最低の25円に引き下げたことが響いたとみられる。4月だけで600億円を上回る資金が流出、その後も毎月100億円以上の流出超が続いている。「ダイワ・US-REIT」も8月に分配金を40円に減額したが、8月と9月の流出額は100億円を下回っている。
 
一方、残高の増加が著しかったのは、3位の「ひふみプラス」(9C311125)と12位の「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<愛称:円奏会>」(4931112B)。「ひふみ」は初のトップ3入りで、主に国内の株式で運用するファンドが3位以内に入るのは約13年半ぶりとなる。「円奏会」は9月まで6カ月連続で100億円を超える資金が流入した。
 
(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 毎月分配型が減少、大幅増はひふみプラスなど 2018年上期の投信残高上位

  2. 三井住友AM、投信残高の増加と資金流入で首位 9月の運用会社別

  3. 年1回決算の株式型ファンドが躍進 2017年度の投信残高

  4. 東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

  5. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  6. アセマネOne「ゼウス」が分配金を引き下げ 過去最低水準の25円に

  7. 「適温相場」変調 それでも投信に資金流入 「株式型」に集中

  8. 株価大荒れの1週間、投信マネーが向かった先は?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP