9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

9月の国内公募追加型株式投資信託(ETFを除く)は、日本の株高を受けて日経平均株価に連動するインデックス型(指数連動型)のファンドに利益確定の動きが出た。資金流出額上位10本のうち、2本が日経平均連動型だった。

アセットマネジメントOneの「日経225ノーロードオープン」(47311988)は141億円、日興アセットマネジメントの「インデックスファンド225」(02311886)は86億円 の資金流出超だった。

9月に流出超過額が最も多かったのは「新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)」(47311049)の149億円。

一方、資金流入額の上位は、海外の株式で運用するファンドが大半を占めた。上位10本のうち7本が海外株式型だった。

資金流入超過額が最も多かったのは、ラップ専用の「日興FW・日本債券ファンド」(7931417A)だったが、2位以下は海外株式型が目立った。2位は主に米国のIT(情報技術)関連株に投資する「netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし) 」(3531299B)、3位は世界のバイオテクノロジーと医療機器の関連株に投資する「フューチャー・バイオテック」(79312186)だった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

  2. アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

  3. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

  4. アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

  5. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  6. アセマネOne「ライジング・フューチャー」、当初設定額が374億円に

  7. アセマネOne「プライムOne」、当初設定額840億円で今年最大に

  8. アセマネOne「未来の世界(年2回)」、設定1カ月で残高が1000億円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP