アセマネOne「ライジング・フューチャー」、当初設定額が374億円に

アセットマネジメントOneが1日に設定した「フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド(愛称:ライジング・フューチャー)」(4731118A)は、当初設定額が374億円だった。今年に入って設定された国内公募投資信託(追加型と単位型を含む)の中で5番目の大きさで、今のところ上位10本のうち4本がアセマネOneとなった。

投資対象は日本を含む世界の小型株式で、経済動向といったマクロ要因から国・地域、業種、投資テーマを絞り込み、ファンダメンタルズ分析などで銘柄を選別する。トップダウン・アプローチを用いた小型株式運用のパイオニア的存在である米独立系運用会社のフィッシャー・アセットマネジメンに運用指図に関する権限の一部を委託する。

年1回決算型で、為替ヘッジはしない。販売会社は、みずほ証券1社。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アセマネOne「プライムOne」、当初設定額840億円で今年最大に

  2. 「未来の世界(年2回)」の当初設定641億円 今年2番目の大きさ、アセマネOne

  3. アセマネOne「GS社債/国際分散投資戦略」、当初設定額が300億円超す

  4. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  5. 9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

  6. アセマネOne「未来の世界(年2回)」、設定1カ月で残高が1000億円に

  7. アセマネOne「しあわせの一歩」、残高1000億円を突破 設定から1年9ヵ月

  8. アセマネOne「投資のソムリエ」、残高が初めて1000億円台に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP