投資ビギナー×つみップ 「お薦めの1本は?」

金融庁が12日夜に投資初心者を対象に開いた「つみたてNISA Meetup」(通称:つみップ)には約40人の個人投資家が集まった。積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の普及を目的に2017年4月から始めた個人との意見交換会で、投資経験3年未満に対象を絞った「つみップ Rookies」の開催は今年1月以来の2回目。参加者からは「つみたてNISAを始めるにあたり、お薦めの1本は」といった直球の質問も飛び出した。

■インターンの学生も参加、「ハッピー・マネー教室」紹介

今回のつみップは一般参加者に混じって、金融庁のインターンシップ(就業体験)に参加している大学生十数人も飛び入り。インターンでの「家計の『貯蓄から資産形成へ』の流れを後押しするため、若年層の投資への関心を高めるには、どのような方策が考えられるか」というテーマの討論をまとめたプレゼンテーションを控え、投資初心者の生の声に触れる貴重な機会になったようだ。

冒頭で金融庁が8月に小学生を対象に開いた「小学生のためのハッピー・マネー教室」(講師:岡本和久氏)の様子を動画で紹介した。「お金は感謝のしるし」「お金はあくまで幸せになる一つの方法」「お金を増やすにはどうしたらよいか」といった内容の講義は、一般公開されるようだ。

■質問は多岐に、識者やブロガーが丁寧に回答

金融庁のつみップ担当職員がつみたてNISA誕生の背景や内容、長期・分散・積み立て投資の効用、対象商品や資産形成にあたって重要となるポイントなどを説明した後、参加者からの質問を受け付けた。多岐にわたる質問に対しては、金融庁職員に加え、経済評論家の山崎元氏らの識者と、著名投信ブロガーの虫とり小僧さん、吊られた男さん、水瀬ケンイチさん、NightWalkerさんが丁寧に答えた。

【参加者からの質問(要旨)】
・説明資料中の金融資産「ゼロ」世帯の定義
・子供への投資教育に対する取り組みの現状
・初心者から中級者にステップアップするにはどうしたらいいか
・今後、子供の教育費がかさむ中、生活防衛資金とリスク資産に振り向ける資金のバランスをどう考えるのが適当か
・投資の勉強に役立つお薦め本を教えてください
・「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書かれている間違いとは何のことか
・税制改正要望として挙がっている「海外転勤などでNISA口座保有者が一時出国時にもNISA口座を継続利用可とする」件の実現度
・まとまった資金がある場合、一括投資した方がいいのか、それとも時間分散して投資すべきか
・つみたてNISA対象商品にアクティブ運用型のファンドが含まれている意味合い
・妻の父が新興国債券で運用する毎月分配型ファンドを保有している。ファンドに関するネガティブな話を良く聞くので、解約を薦めたいがどう説得したらいいか
・債券のみで運用するファンドはつみたてNISAで対象外となっている。株式との分散投資効果を考慮して、債券型のファンドを一般口座で購入した方がいいか
・家族も一緒につみたてNISAを行う時、投資商品は同じものに揃えるべきか
・投資する前に、どれくらいの知識が必要か
・これからつみたてNISAを始めるにあたり、お薦めの1本はどれか

■先進国株式や全世界株式インデックスファンドがお薦め

【識者やブロガーからの回答(抜粋)】
・本を読むのはいいが当たり外れがある。水瀬氏のブログで紹介されている本がお薦め
・投資のお薦め本を一冊に絞るとすると「ウォール街のランダム・ウォーカー(日本経済新聞出版社)」を薦めるが、一部、間違いもある。それは本の400ページあたりに出てくる「投資の保有期間が長くなるとリスクが低減する」という記述でこれは金融理論上、誤り。
・4月に開催された「つみたてNISAフェスティバル2018」で「はじめての投資! おススメの一冊 ベスト10」が発表されている。それも参考になる。
・本を一冊読んでから投資をスタートする方が長続きする。その一方で、本を読むのは大切だが、投資を始めてから勉強する方が実践的との意見も。
・つみたてNISAの投資手法であるコツコツ投資(ドルコスト平均法)は「気休めに過ぎない」という考えが示された一方で、コツコツ投資の方が心理的な面で有効という意見も少なくなかった。ブロガーからは母親がリーマン・ショック前に一括投資の高値づかみをして、元本回復に数年かかった実例も紹介された。
・お薦めの1本については、先進国株式インデックスファンドを挙げた人が多く、続いて全世界株式のインデックスファンドが2名、日本株と8資産均等型のバランス型インデックスファンドも挙がった。具体名としては三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」とニッセイアセットマネジメントおよび楽天投信投資顧問のファンドが推された。

■専門用語の説明集があるとより初心者向き

参加者には今年からつみたてNISAを始めたばかりという20~30代が目立った。「色々な角度からの意見がよかった。自分の今の投資内容に問題がないのを再確認できた。若い自分と同世代の投資家に出会えたのは心強く、老後のことを真剣に考えてみようと思った」といった声が出ていた。

また「バッサリ考えを述べる山崎氏に加え、優しく寄り添う感じで話すブロガーの方々などいろんな意見を聞くことができ勉強になった」(30代男性会社員)、「自分も初めはインデックスファンドとアクティブファンドの違いが分からなかった。関連する専門用語の説明集が資料に付いていると『初心者向け』にはより効果的ではないか」(20代女性会社員)といった感想も聞かれた。

ブロガーからは「説明をより分かりやすく工夫するべきだった気がする。例えば、債券の話にしても金利と債券価格の関係が分からないと理解が難しかったのではないか」「質問をその場で考えるのは人によっては難しい。少し間を置いて考えをまとめる時間などがあってもいいのではないか」「フレッシュな顔ぶればかりで、RookiesにはつみたてNISA普及の原点を感じる」という感想が漏れた。

初心者と言っても若者とは限らず、ベテラン投資家の50代後半の男性会社員が同世代の妻を連れて参加。「老後は妻や社会人になった子供と一緒に資産運用したいので、妻にもつみたてNISAのことを知ってもらいたい」と話していた。

つみたてNISAの投資家層は年齢を問わず徐々に広がりつつある。

 

▽つみップのサイトはこちら

(QUICK資産運用研究所 高瀬浩)

関連記事

  1. つみップで「投信あるある」 金融庁が「毎月分配」のカラクリを説明

  2. 金融庁、新体制初の「つみップ」 運用5社の生の声に質問続々

  3. 学生投資連合×金融庁 「つみップ」参戦、質問攻めに

  4. 家族そろって「つみップ」 金融庁が都内で「ママ部」開催

  5. 攻めのイベント「つみフェス2018」、ピンク色の会場に250人

  6. 資産形成を本気で考える「官僚たちの夏」 霞が関セミナーに600人

  7. つみたてNISA始動4カ月 金融庁が普及に腐心、金融機関は試行錯誤

  8. アセマネOneの「たわら」、幅広い販売網で存在感(インデックスファンドNAVI)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP