「ピクテ新興国インカム株式」が分配金を減額 過去最低の15円に

ピクテ投信投資顧問が運用する「ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)」(42311081)が10日の決算で、1万口あたりの分配金を前月(30円)の半分の15円に引き下げた。分配金の減額は2016年2月以来で、2008年1月末の設定後で最低水準を更新した。

同ファンドは、主に新興国の高配当利回り株式に投資する。8月末時点の国別構成比は中国(香港上場含む)と台湾、韓国が上位に並び、この3国で全体の半分以上を占める。

10日時点の純資産総額(残高)は2276億円。新興国株式に投資するファンドでは「野村インド株投資」(01312056)に続き2番目に大きい。8月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)はマイナス1.62%、直近半年はマイナス10.62%だった。

ピクテ投信投資顧問は、分配金を引き下げた背景について「現在の基準価額の水準、分配対象額、利子・配当等収益、投資環境等を総合的に勘案」したとしている。

◇ピクテ投信投資顧問の発表資料

「ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)」の第127期(2018年9月)分配金に関するお知らせ

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

  2. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  3. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  4. 野村アセット「米国ハイ・イールド債券投信(レアル)毎月」が分配金を減額 過去最低の30円に

  5. 「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株」の毎月分配型、全コースで分配金を減額 過去最低に

  6. 「野村インド債券ファンド(毎月)」が分配金を50円に減額 過去最低に並ぶ

  7. 「東京海上・ニッポン世界債券F(H有)」が分配金を減額 設定以降の最低に並ぶ

  8. ニッセイアセット「ニッセイオーストラリア高配当株」 分配金を100円に減額、過去最低と並ぶ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP