アセマネOne「未来の世界(年2回)」、設定1カ月で残高が1000億円に

アセットマネジメントOneが運用する「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(年2回決算型)(為替ヘッジなし)」<愛称:未来の世界(年2回決算型)>(47312188)の純資産総額(残高)が1000億円を突破した。30日時点の残高は1016億円。

同ファンドは今月1日に運用を開始し、当初設定額は641億円だった。直近3週間は毎日20億円近い資金が流入し、設定からわずか1カ月で1000億円台に到達した。30日時点の設定来リターンは2.19%。

マザーファンドが同じ年1回決算型の「未来の世界」(47316169)は2016年9月末から運用を始め、18年8月30日時点の設定来リターンは72.54%。投資対象は日本を含む世界の株式で、成長力の評価に基づいて質の高い企業(ハイクオリティ成長企業)の中から割安と判断される企業を厳選する。18年7月末時点の組み入れ銘柄数は36で、国・地域別では米国が5割を占める(組み入れ銘柄は下記参照)。

「未来の世界」シリーズは、16年9月末に年1回決算型の為替ヘッジありとなしの2ファンドでスタート。17年12月には、事業活動の主要な部分を新興国で展開するハイクオリティ成長企業に投資する「新興国ハイクオリティ成長株式ファンド<愛称:未来の世界(新興国)>」(4731117C)を設定した。18年8月に運用を始めた「未来の世界(年2回決算型)」は、限定為替ヘッジコース(47311188)もある。
◇「未来の世界」(年1回決算型)の組み入れ上位
①アマゾン・ドット・コム(AMZN)    9.5%
②マスターカード(MA)          6.6%
③フェイスブック(FB)                          6.3%
④ブッキング・ホールディングス(BKNG )5.3%
⑤アルファベット(GOOG)                     4.8%

※18年7月31日時点、月次レポートから抜粋。数字は組み入れ比率。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. アセマネOne「未来の世界(先進国)」の残高が1000億円突破 設定から半年

  2. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  3. アセマネOneが資金流入額トップ 10月の運用会社別投信

  4. SBIアセットの「雪だるま(全世界株式)」、信託報酬を26日に引き下げ

  5. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  6. アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

  7. アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

  8. アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP