ニッセイAM「<購入・換金手数料なし>外国株式インデックス」、残高が1000億円突破

ニッセイアセットマネジメントが運用する「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」(2931113C)の純資産総額(残高)が29日、1000億円を突破した。29日の残高は1001億円だった。

同ファンドは先進国株の代表的な指数の「MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)」に連動する運用成果を目指す。今年から始まった積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の対象で、このうち海外株式に投資するファンドでは最大規模。

信託報酬は0.11772%(税込み)で、同じタイプの指数連動型(インデックス型)の中では業界最安水準だ。今月21日に設定から4回目となる信託報酬の引き下げを実施した。

7月末時点の1年リターンは12.39%。2013年12月の設定から月間ベースで資金流入超が続いている。投信に関するブログを書いているブロガーが投票する「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」では、2014年から4年連続でトップ3に入った。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 金融庁、新体制初の「つみップ」 運用5社の生の声に質問続々

  2. レオス「ひふみプラス」、残高6000億円突破 海外株の組み入れ比率が増加

  3. アセマネOneの「たわら」、幅広い販売網で存在感(インデックスファンドNAVI)

  4. 丸井流の投信販売「小売り感覚&お客さま目線で安心を」 tsumiki証券の仲木COO

  5. 三井住友トラストAM、インデックスシリーズのパイオニア (インデックスファンドNAVI)

  6. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS」など投資家のニーズに幅広く対応 (インデックスファンドNAVI)

  7. 学生投資連合×金融庁 「つみップ」参戦、質問攻めに

  8. 家族そろって「つみップ」 金融庁が都内で「ママ部」開催

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP