三井住友アセット「げんきシニアライフ」、残高が1000億円に 設定から18年

三井住友アセットマネジメントが運用する「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」(79311005)は、29日の純資産総額(残高)が1002億円だった。2000年5月の設定から18年3カ月で初めて1000億円台に到達した。旬な話題をとらえるテーマ型は設定から間もない投信が人気化することが多いが、販売会社や投資家に長期投資の意識が広がるなかで、長期の運用実績を背景に資金を集める投信も増えてきた。

同ファンドは「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と「介護関連ビジネス」を展開する日本の企業の株式に投資する。7月末時点の組み入れ銘柄数は132。上位には冷凍食品などを扱う卸売業の神戸物産(3038)や、医療機器などを提供する富士フイルムホールディングス(4901)が入る。

7月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は16.33%、5年リターン(同)は185.51%と堅調だ。今年に入って700億円近い資金が流入し、残高を押し上げた。

このファンドは、QUICK資産運用研究所が今年2月時点のデータで選んだ「中長期投資にふさわしい投信」の5本の中の1本。選定では運用で取ったリスクに見合うリターンを上げたかどうかを測る指標「シャープレシオ」を用いて個々の投信を評価し、過去1年間で活躍したファンドを5つのリスク階級ごとに1本ずつ選んでいる。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三井住友アセット「フューチャー・バイオテック」、残高1000億円突破 設定2カ月で

  2. 三井住友アセット「高成長インド・中型株式ファンド」、残高が1000億円に到達

  3. 三井住友アセット、資金流入2カ月連続の首位 7月の運用会社別投信

  4. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  5. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  6. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  7. 三井住友アセット「アジア好利回りリートF」、分配金を引き下げ 5年ぶり低水準

  8. ESG投資の浸透で変わる企業経営 真価を問うアクティブ運用

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP