三井住友トラストAM「THE 5G」の残高、2000億円突破 3カ月で倍増

三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用する「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド<愛称:THE 5G>」(6431117C)の純資産総額(残高)が初めて2000億円を突破した。28日の残高は2001億円だった。2017年12月15日に設定され、今年5月末には1000億円に到達。その後も資金流入続き、およそ3カ月で1000億円を積み増した。

同ファンドは、通信技術の発展によって業績面で恩恵を受けることが期待される世界の企業の株式に投資する。中でもあらゆるものがインターネットにつながるIoTの基盤とされる次世代通信規格「5G」に着目。5Gのインフラ構築に関連する半導体メーカーや通信サービス・商品を提供するインターネット企業などを組み入れている。

28日時点の設定来リターンは2.67%。大手証券やネット証券、全国の地銀まで販路が拡大している。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  2. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  3. 三井住友トラストAM、残高増加と資金流入が首位 5月の運用会社別投信

  4. 東京海上AMの「円奏会(年1回決算)」 残高が1000億円を突破

  5. アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

  6. 4~9月の投信残高、「ゼウス」▲1200億円で落ち込み鮮明 「ひふみ」が増加

  7. 三井住友AM、投信残高の増加と資金流入で首位 9月の運用会社別

  8. 三井住友トラストAM、インデックスシリーズのパイオニア (インデックスファンドNAVI)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP