三井住友アセット「フューチャー・バイオテック」、残高1000億円突破 設定2カ月で

三井住友アセットマネジメントが運用する「フューチャー・バイオテック」(79312186)の純資産総額(残高)が1000億円を突破した。21日の残高は1004億円。6月25日に自己設定で運用を開始し、2カ月足らずで大台に乗せた。SMBC日興証券のみで販売している。

当ファンドは、世界のバイオテクノロジーと医療機器関連の企業の株式に概ね7対3の割合で投資する。7月末時点の資産構成はバイオ関連の株式ファンドが65.6%、医療機器関連の株式ファンドが28.1%。投資先の国・地域別はいずれも米国が最上位で、8月21日時点の設定来リターンは3.21%だった。

今年に入って新規設定された国内公募の株式投資信託(ETF除く)の中では、8月21日時点でこのファンドの残高が3番目に大きい。残高上位には、モビリティー(移動手段)やEV(電気自動車)などテーマ型ファンドが並んだ。上位10本とも株式で運用するファンドが入った。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 三井住友アセット「げんきシニアライフ」、残高が1000億円に 設定から18年

  2. 三井住友アセット「高成長インド・中型株式ファンド」、残高が1000億円に到達

  3. 三井住友アセット、資金流入2カ月連続の首位 7月の運用会社別投信

  4. 投信の残高増加額でBNYメロン首位 18年上期、資金流入額の最大は日興アセット 

  5. 三井住友アセット、残高増加と資金流入が首位 6月の運用会社別投信

  6. 投信残高の増加額はレオスが首位、2位に日興アセット 2017年度の運用会社別

  7. 三井住友アセット「アジア好利回りリートF」、分配金を引き下げ 5年ぶり低水準

  8. ESG投資の浸透で変わる企業経営 真価を問うアクティブ運用

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP