大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

大和証券投資信託委託の「ダイワ・USーREIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」(04312047)が17日の決算で、1万口あたりの分配金を前月の60円から40円に引き下げた。分配金の引き下げは2017年11月以来9カ月ぶり。分配金の水準は2010年6月(40円)以来およそ8年ぶりの低水準になった。

このファンドの純資産総額(残高)は17日時点で5961億円。国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)の中で5番目に大きい。米国の不動産投資信託(REIT)で運用する。

7月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は0.85%とプラスを維持している。ただ、分配金支払後の基準価額は8月17日時点で3086円と、1年前と比べて16.3%下落している。

大和投信は分配金の引き下げについて「現在の基準価額の水準および配当等収益の状況などを勘案した」としている。

◇大和投信の発表資料はこちら

大和投信の「ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなし」(04312045)も、15日の決算で1万口あたりの分配金を70円から50円に引き下げていた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 大和「ダイワ米国リート(毎月)」、分配金を50円に減額

  2. 大和投信「ダイワ高格付カナダドル債」 分配金を引き下げ、過去最低の25円に

  3. 「ピクテ新興国インカム株式」が分配金を減額 過去最低の15円に

  4. アムンディ「日興レジェンドイーグル」が分配金を減額 5年半ぶり低水準

  5. 野村アセット「米国ハイ・イールド債券投信(レアル)毎月」が分配金を減額 過去最低の30円に

  6. 「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株」の毎月分配型、全コースで分配金を減額 過去最低に

  7. 「野村インド債券ファンド(毎月)」が分配金を50円に減額 過去最低に並ぶ

  8. 「東京海上・ニッポン世界債券F(H有)」が分配金を減額 設定以降の最低に並ぶ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP