大和「ダイワ・USリートB」、分配金を40円に減額

大和証券投資信託委託の「ダイワ・USーREIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」(04312047)が17日の決算で、1万口あたりの分配金を前月の60円から40円に引き下げた。分配金の引き下げは2017年11月以来9カ月ぶり。分配金の水準は2010年6月(40円)以来およそ8年ぶりの低水準になった。

このファンドの純資産総額(残高)は17日時点で5961億円。国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)の中で5番目に大きい。米国の不動産投資信託(REIT)で運用する。

7月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は0.85%とプラスを維持している。ただ、分配金支払後の基準価額は8月17日時点で3086円と、1年前と比べて16.3%下落している。

大和投信は分配金の引き下げについて「現在の基準価額の水準および配当等収益の状況などを勘案した」としている。

◇大和投信の発表資料はこちら

大和投信の「ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)為替ヘッジなし」(04312045)も、15日の決算で1万口あたりの分配金を70円から50円に引き下げていた。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 「ダイワ米国リート(毎月)」分配金を30円に減額 過去最低に

  2. 「ダイワ高格付カナダドル債」が分配金減額 過去最低の15円に

  3. 大和投信「杏の実」が分配金引き下げ 過去最低の10円に

  4. 円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

  5. 三井住友DS「日本株アルファ・カルテット」分配金を減額 過去最低の40円

  6. 日興アセット「財産3分法」、分配金を40円に減額 15年ぶりの低水準

  7. ピクテ「グロイン」分配金を40円に引き下げ 9年ぶり低水準

  8. 「アジア・オセアニア好配当成長株」、分配金を減額 過去最低の20円に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP